So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

紙展に向けて・・・ [染めの仕事]

     今朝は 箱を染めました

     003.JPG

     クロも 使う紙 そして 下地に塗る墨色(クロなのか 青墨なのか 紫墨なのか)

     また 柿渋に混ぜる 松煙の割合によって

     無限に色の広がりが楽しめます。

     水が散ってぬれているように見えるところは ドーサ液

     ドーサ液が かかったところに 雲母(キラ)を 振ると 銀色っぽく見えます

     金色は アクリル絵の具です。

        010.JPG

        おなじみの 備前焼風の柿渋染めもしています。

        007.JPG

        色んなものを量産中☆

  90XRPV66.jpg

      11月18日 からの 紙展に向けて がんばってます。

        WJW7K61M.jpg

        同時開催冬の贈り物展も 楽しそうです。

        紙展の最新情報は フェイスブックが一番早いと思います。

        FBページ → https://www.facebook.com/tsuyoshi.umeda.98

 

              FBに コメントやメッセージ 遠慮なくお送りくださいませ。

              〒 700-0822  岡山市北区表町 1-2-36

               わがみや うめだ  電話 086-231-3371 

                         梅田 剛嗣

 

 


2016-10-29 09:51  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

屏風と壁掛け [和紙の加工]

   ひさびさに屏風を作りました。

   屏風.JPG

      こちらが表面

      0123.JPG

        こちらが裏側。

      裏側は 紙を短冊状に切って

      下書きに沿って あじろにくみ上げてます。

      byoubu.JPG

       なかなか手間の要る作業ですが

       仕上がりがきれいなので 結構好きです。

        それから壁掛け

       001.JPG

       厚紙の後ろに カマチ(木材)を貼り付け

       下張り、上張り(土佐楮筋入り紙使用) して 

       柿渋で染めました。

        003.JPG

        染めてすぐの色は ↑ こんな色ですが

         006.JPG

         一年くらいたつと 柿渋本来の茶色が 発色します。

         柿渋は面白いです。

 

           〒 700-0822  岡山市北区表町 1-2-36 

           わがみや うめだ  電話 086-231-3371 

                           梅田 剛嗣

  2016年10月1日~16日 まで

  屏風は 倉敷の はしまや さんで 飾っていただいています。

  はしまや → http://www.hashimaya.com/salon_hashimaya/

 

 


2016-10-04 08:16  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

招き猫☆ [和紙の加工]

   岡山市にある 招き猫美術館さんの ご依頼で

   14211997_1402584173089898_262800136200258136_n.jpg

   焼き物の 招き猫に 和紙を貼り 柿渋で染める仕事をしました。

   まずは 白い和紙を 下張りして  その上に 色の和紙を・・・

      005.JPG

       黒いのは 横野和紙 楮紙クロベンガラ 先染め

       オレンジ色は 内山手漉き和紙 楮紙 オレンジ色 先染め

       喰い裂き(水切り)して 毛羽を出し つなぎ目がわかりにいように

       全体を 貼りました。

         そして

        011.JPG

         黒のほうは まず 紫墨で 下塗りをし

         あ、出ている模様は ドーサ液で 最初に 模様を入れてます。

          007.JPG

          柿渋 + 松煙 で黒い色に

          オレンジのほうは 柿渋に 赤ベンガラを混ぜて 染めました。

          それから 金色のアクリル絵の具 ドーサ液 キラ(雲母) で

          装飾を凝らしてみました。

           009.JPG

           うしろすがたもかわいいです。

           思いのほか 石みたいな感じになっています。

           今日は 招き猫(立体)に和紙を貼り

           柿渋染で 仕上げた作品のご紹介でした。

 

          〒 700-0822  岡山市北区表町 1-2-36

          わがみや うめだ  電話 086-231-3371

 

                             梅田 剛嗣

 

 


2016-09-13 07:51  nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

三日月の他ペストリー 藍染 [染めの仕事]

  007.JPG

  三日月のタペストリーの作り方が少しかわりました。

  今まではイメージだけでフリーハンドで 

  和紙の白色を残すことで 三日月を作っていましたが・・・

     111.JPG

     今回から ドーサ液を使って 円を描き

       005.JPG

       藍染を塗り重ねることで 影の部分に 色を入れていくようにしました

       DSC01760.JPG

       そうすることによって より リアルな三日月が

       できるようになりました。

         DSC01747.JPG

         色んな形も・・・

         染めた後は

     002.JPG

     アクリル板に こんにゃく糊で貼り付けて

       011.JPG

       できあがり~

       染めの仕事は楽しいです。

 

       〒 700-0822  岡山市北区表町 1-2-36

        わがみや うめだ  電話 086-231-3371 

            梅田 剛嗣

 

 


2016-08-19 07:54  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

和紙のタイル [和紙の加工]

   2016年 5月11日~

   大阪高島屋 一階エントランスにて 

   暮らしに使える楽しいものをいっぱい集めた イベントがあります。

    003.JPG

    私も 上記のようなものを頼まれて 出品します。

       なかでも 和紙のタイル の作り方を ご紹介します。

       DSC01151.JPG

       厚紙を切って 紙粘土でフチをつけ やすりで削って 丸みを出しました。 

       白い和紙で 下張りをし

       DSC01129.JPG

        表張り ・・・ しょうふ 糊 を付け

        DSC01131.JPG

        DSC01134.JPG

        しっかり貼り付けます。

        ここからがポイント

        DSC01173.JPG

        いろいろ試してみましたが 角に丸みがあるので

        このきり方が一番 効率的で 仕上がりもきれいにいくことがわかりました。

        裏に無地の紙を張って

        DSC01185.JPG

        こんにゃく糊を塗って仕上げ。

        角が丸いものに貼るためには この切りかた とても便利です☆

        〒 700-0822  岡山市北区表町 1-2-36 

         わがみや うめだ  電話 086-231-3371  

                           梅田 剛嗣

 

 

 


2016-05-05 09:53  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

新しい試み [染めの仕事]

    丸い壁掛けに挑戦してます。

    DSC00333.JPG

    厚紙を丸く切り、 紙粘土で厚みをつけ 和紙を張って

         DSC00342.JPG

          染めてみました。

          黒い紙に 松煙を入れたクロっぽい柿渋

          赤い紙に ベンガラを入れた赤っぽい柿渋

              DSC00332.JPG

          DSC00343.JPG

          トレーも 少し改良して 試してみました。

             そして 今朝の染め紙

             H-88.JPG

       手前のオレンジ色は アメリカの アーティスト Loise さんのリクエスト

       二列目の ちょっと渋めの色合いは 長野の 内山手漉き和紙さんからのリクエスト。

             007.JPG

              ルーシーが 気に入ってくれるといいんだけど。

              あ、ちなみにこのオレンジは オレンジ色っぽい紙に

              赤いベンガラ 黄色いベンガラ そして 柿渋を使って染めてます。

                 〒 700-0822  岡山市北区表町 1-2-36 

                  わがみや うめだ  電話 086-231-3371 

                                           梅田 剛嗣

 

 


2016-01-26 08:23  nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

新しい試み [染めの仕事]

    新しく 韓国から 紙が入荷したので 染めてみました

    002.JPG

    柿渋に 松煙を混ぜて染めてみたのですが

          003.JPG

          なかなかに面白い染めあがり

             005.JPG

             最近、お友達になった 前田華汀(まえだかてい)さんにお願いして

             何か 書を 乗せてもらえばと思ってます。

             コラボ作品出来上がるのが楽しみです。

             〒 700-0822  岡山市北区表町 1-2-36

              わがみや うめだ  電話 086-231-3371 

                                       梅田 剛嗣

 

 


2016-01-05 08:07  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

壁飾り [和紙の加工]

   和紙の壁飾りを作ってます。

   まず、厚紙に 紙粘土を貼り付けて 厚みを出します。

     001.JPG

         006.JPG

         乾かしている様子です。 

           100.JPG

           乾くと、紙粘土が縮んで いい感じに反ってくれます。

               002.JPG

               丸型もできます。

               003.JPG

               裏側に 6mm厚の 木を埋め込み ビスでヒモをつける金具を取り付けられるよう

               工夫をします。

               あとの作業は 下貼りをして 表張りをして

               柿渋などで染める

                ふみど.JPG

            軽くて 簡単にできるので 例えば 絵を描いている人 書をしている人

            ご自身の作品を 簡単な壁掛けに 作れるのではないでしょうか? 

            と 思ってます。

            最近は コラボも してます。

            H-79掲載済み.JPG

            友人のイラストレーター ひよ子さんに お願いして

            壁画を思わせる絵を 入れていただきました。

            今回は 和紙の壁飾りの作り方 掲載してみました。

            洗いと 藍染の染め直しのレポートは また日を改めて~♪

            〒 700-0822  岡山市北区表町 1-2-36

             わがみや うめだ  電話 086-231-3371 

                             梅田 剛嗣 

 

 

 


2015-11-20 07:13  nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

最近の発見。 [染めの仕事]

     紙漉きさんが 作ってくれた

     赤いベンガラの紙を使って 

     016.JPG

     箱の上張りをして

          010.JPG

          柿渋に赤ベンガラを混ぜて 染めると

                009.JPG

           より鮮やかな赤色に 染まることがわかりました。

           柿渋染めは 奥が深いです。

           最近の仕事

           recent.jpg

           和紙の壁掛け

           パネルタイプです。

           大きさは 50 X 55 cm 結構大きいです。

           軽いので いいかなと。

           使用した紙は 土佐和紙 楮 繊維入り 藤原正彦さんの紙です。

           次回のブログでは

           和紙の洗いと 藍染の染め直しに付いてご報告する予定です。

                    〒 700-0822  岡山市北区表町 1-2-36

                      わがみや うめだ  電話 086-231-3371       

                               梅田 剛嗣

 

 

 

 

 


2015-10-17 14:59  nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

猫の祭展 に向けて。 [和紙の加工]

     にゃん小箱 作ってます。

     031.JPG

     組み立てた箱の側面を 無地の和紙で貼り

       017.JPG

       底面は 同じ無地の紙を 食い裂き(水切り)して

       018.JPG

          021.JPG

          角でぴったり継ぐように張ります。

            022.JPG

            そうすれば、つなぎ目がほとんど目立たなくなります。

         034.JPG

        表面のてっぺん は 猫の柄のついた ヨーロッパ輸入の紙。

        色違いも作ってます。

                              梅田 剛嗣

 


2015-08-10 13:07  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

前の10件 | -

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
メッセージを送る


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。