So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

屏風の下張り・・・みの張り [屏風 NEW]

今日ご報告するのは、下張りのメインイベント、「みの張り(=よろい貼り)」の様子です。
少しややこしいので、写真が多いですが、よかったらご覧くださいませ。
まず、前回のブログでみの張り用につないだ下張りの紙を用意します。
そして、屏風の幅に合わせて、そのつないだ紙を三分の一と三分の二の大きさに切ります。

      22.4.1 031.jpg
   さあ、みの張りです。 骨縛り押さえが終わった屏風に、一番最初に糊をつける場所は、

      22.4.5 004.jpg
       屏風の中央。
    それから、ここからあとは、屏風の骨の一番外側の太い骨の上にだけ糊をつけます。
    外の一番太い骨は、「框(かまち)」といいます。
    框に糊をつけて、まず、三分の一に切った紙を貼ります。

        22.4.1 033.jpg
    次に、また框の上に糊をつけて、上に重ねて、三分の二に切った紙を貼ります。

     22.4.1 034.jpg
     それから、巻いた紙を同様にして貼っていきます。
      22.4.1 041.jpg

    それからあとは、写真のように、三分の一ずつ、ずらしながら貼っていきます。
    そうすることによって、すべての部分が、3枚づつ重なって下張りが完成することになります。
      22.4.1 044.jpg
     こんな風に、両端だけ糊がついて、真ん中は浮いた状態。
     浮いているので見た目も、実際触っても、やわらかい仕上がりになります。
     しかも、三枚づつ、紙が重なっているので、軽くて丈夫。
     昔の「みの」=レインコートみたいなもの・・・もしくは、
    「よろい」のようなつくりであることから、 この「みの張り(よろい張り)」
     という名前になりました。 おさらいです。
     まず、框の上に糊をつけて

      22.4.5 006.jpg
     三分の一ずつずらしながら紙を貼る

       22.4.5 007.jpg
       両端だけ糊がついているので、それをしっかり押さえて

       22.4.5 016.jpg
       最後に、幅に合わせて切る

       22.4.5 018.jpg
        この作業のくり返しです。
        みの張りが終わると、みの縛り、(または みのおさえといいます)
        みの張りの上に楮紙をベタで全体に糊をつけて貼ること・・をします。
        この作業は、骨縛り押さえとなんら代わりがないので、省略する予定です。
        この段階でほぼ、下張りは終わり。
        これだけの下張りをしておくと、丈夫で長持ち。
        子供が少々ぶつかったくらいでは破れません。
        こういう、伝統的な、技術は是非後世に伝えていきたいと思います。


        仕上げの工程がありますので、またしばらくのちにブログにアップします。



                               梅田 剛嗣                              ℡ 086-231-3371  



nice!(1)  コメント(0) 

和紙で壁を貼る・・・その1 下張り [和紙の壁貼り]

Mさんから、お部屋が完成したので、下張りを始めます~という連絡が入ったので、行ってきました。


  m_22.11.1920008-cc29b.jpg


    こんな感じのお部屋です 


     m_22.11.1920009-27df4.jpg 


            ↑  ここが


 


         m_CA390SV5-9d548 (1).jpg   


        こんな風になります。 さっそく 下張りの準備から。


 



       22.11.28 003.jpg

   まずは、この壁のジョイントの所に、下張り用の紙を、短冊状に切ったものを、

       22.11.28 009.jpg

     紙に全面に糊をつけて貼る、ベタ張りをしました。

     何枚か重ねて糊をつけ(このとき、紙を少しずつずらしておきます)、


     きちんと糊がついているかを確かめるのは、斜めから見て光の加減で


 


 


     紙全体が光って見えると   OK!

       22.11.28 006.jpg

       一枚ずつとって、ジョイントの所に貼り付けていきます。

     22.11.28 008.jpg

     よく撫でておくことが大切です。
     よく撫でるというのは、力を入れてなでるのではなく
     何回も丁寧に、撫で付けるイメージです。


 



        22.11.28 020.jpg

       ジョイント部分の下張り完成。

       これからは、浮け貼り(袋張り)をしていきます。
       今回は、浮け貼りを2回するので(二重浮け)、一回目の浮け貼りは、
       ほとりから一寸(約3cm)離して

      22.11.28 026.jpg

     このように左の上の部分から張っていきます。
     このときも、よく撫でておくようにすることがポイントです。

     22.11.28 033.jpg

    薄い糊をつけたほうは、はがれやすいので、はがれたら、後から薄糊を刷毛で、
    貼ってある上からつけて補修すると大丈夫です。
    下張りは、やり直しが聞くので気楽に貼るといいと思います。


 


    一回目の浮け貼りには、紙を横長に使ったので、

     22.11.28 034.jpg

     二回目の浮け貼りの時は、切った紙を縦長に使います。

     22.11.28 035.jpg

    この時(二回目)は、端から、五分(1.5cm)くらい離して、貼るようにします。

    こうすることで、重なる部分が、同じところに こなくて、
    全体にきれいにバランスよく貼れます。

    見えないところにこそ、手間とひまをかけて、
    上張り(見えるところ)が美しく仕上がるようにするところが、ポイントです
     
    袋張りしておくと、下地のでこぼこや、汚れ、表に出にくくなります。
    長持ちもするし、将来(30~40年後?)、張り替えようというときも
    簡単に壁紙が剥がせます。

    今回、下張りに使った紙は、裏打ち用紙の機械漉きの和紙、少し厚めのものです。


                     梅田 剛嗣

                                〒 700-0822  岡山市北区表町 1-2-36


            わがみや うめだ  電話 086-231-3371




    追伸、袋張りの詳しい張り方(四方糊のやり方)は・・・以前のブログ

   http://tsuyoume-somewashi.blog.so-net.ne.jp/2010-06-02  

   をご参考になさってください。


nice!(2)  コメント(0) 

屏風の下張り、骨縛り押さえ [屏風 NEW]

今日は、屏風の下張りの第二段階、骨縛り押さえからレポートします。
前回、二枚をあわせたまま骨縛りした屏風骨を、二つに分けます。

     22.3.29 102.jpg

      貼ってないほう側の骨縛りをして、乾かします。


      それから 釘シメの作業。


       22.3.30 004.jpg

   屏風の骨の組子を止めている竹釘を、ポンチで少し叩き込みます。

   こうすることにより、最終段階でカンナをかけるとき、カンナの刃がこぼれるのを防ぎます。

   また、上張りをしたときにしわが来ないようにする意味もあります。


   それから 骨縛り押さえです。


        22.4.1 017.jpg

       少し厚めの楮紙を使い、全体に糊をつけて、べた張りにします。

  

       22.4.1 021.jpg

       これで、骨の形を整えていた紙の補強をします。

       ここまでの作業を、厚いどう張り紙を使って、略式にする人もいます。

       次なる作業は、ミノ張り(よろい張りともいいます)です。


       そのミノ張りに使う紙の下準備をします。

       22.4.1 003.jpg

       このように、下張りに使う紙を適当な大きさに切って、

       無駄が出ないようにつなぎ合わせておきます。


      22.4.1 005.jpg

       こんな風に巻紙のように長くつないでおくのです。

       みの張りは次回に・・・ 今日は下張りの第二段階の様子でした。                                 梅田 剛嗣                                 ℡ 086-231-3371

nice!(1)  コメント(0) 

柿渋染め [染めの仕事]

  柿渋で 備前焼のような雰囲気に・・・というご注文


   002.JPG

        染めてみました。


    今回の初挑戦は 既製品のむら染めの和紙を使ってみたこと。

     003.JPG

          これを染めて

       

      037.JPG

        こんな風になりました。


     036.JPG

        

         039.JPG

          色んな紙を使ってます。


                           梅田 剛嗣

                          電話 086-231-3371



nice!(1)  コメント(0) 

屏風の下張り [屏風 NEW]

 今日は、屏風を作る様子を下張りの段階から記録に残していきたいと思います。

   22.3.26 013.jpg

      これが屏風の骨です。

      このように何枚か竹釘で縫い合わせて作ってくれます。

      今回は二枚折を作るので、二枚ずつに分けます。

  22.3.26 014.jpg

  紙を貼る前にする作業は、角の継ぎ合わせたところの段差をなくすことです。

    22.3.26 007.jpg

    このように切り出し小刀で段差がなくなるように少しだけ削ります。

    二枚折の場合、二枚を竹釘で縫い合わせたまま、外側から貼ります。

    まず、用意した紙に水はけで、水をして・・・

     22.3.27 006.jpg

      サンのほうに糊をつけて、紙を貼ります。

    22.3.27 008.jpg   

       ちょうど障子に障子紙を貼る要領です。

       紙に水をするのは、紙に水をすることによって、少し紙が伸びます。

       伸びたのを貼って、乾いたら、ピンとまっすぐ貼れるからです。

        二枚合わせた外側に紙が貼れたら、陰干しで一日乾かします。

     22.3.27 010.jpg

        これが、最初の下張り。 「骨縛り」という作業です。

        4枚折の場合、4枚縫い合わせたまま、6枚折だと6枚縫い合わせたまま、

        外側から貼ります。 乾いてから、竹釘を抜いて、反対側を貼っていきます。


        これは、屏風が完成した時、狂いなくきちんと綴じるようにするためだと

        師匠に聞きました。 今日は、ここまで・・・

        次回は、釘シメと、骨縛り押さえという段階のレポートの予定です。                                     

               梅田 剛嗣                            

             ℡ 086-231-3371



nice!(2)  コメント(0) 

蒔絵の技法 [染めの仕事]

   金属粉を使った仕事 


 003.JPG

      だいぶ こなれて来ました。


    005.JPG

           壁掛けも作ってます。


     漆ではなく にかわの糊を 使っているので


     渇くまでの時間の間に 金属粉が 集合離散して


     破れ箔のような 不思議な形に 仕上がってくれます。


     個展のDMが出来ました。


    001.JPG

     

005.JPG       

    002.JPG

      和紙の備前焼風の模様の 箱なども出します。


      楽しんでいただけるような展覧会にします☆


        〒 700-0822  岡山市北区表町 1-2-36

        わがみや うめだ  電話 086-231-3371 


                        梅田 剛嗣



 

nice!(1)  コメント(0) 

和紙の可能性・・・実験☆ [染めの仕事]

   現在 錫粉 真鍮粉 を使っての実験をしてます。


   005.JPG


    金属板のような感じに仕上がるかなと思ってはじめたのですが


      012.JPG


             意外にも


       013.JPG


         ちょっと古代ガラス風な イメージに仕上がりつつあります。


        005.JPG

          元の紙に 墨などで色をつけ


          008.JPG

           金属粉を振ると こんな感じになります。


          015.JPG

            仕上がってすぐより 時間がたって 少し光沢が落ち着くので

            

            どうにか 光沢がそのまま残らないかというのが今の課題。


          栂さんの 個展、8月 → 10月31日~11月12日まで

          とちょっと予定が変わりましたので

          いろいろ実験できるし そのときにはいろいろお披露目できると思います。


             お楽しみに~


             自分自身も楽しみです。


                                梅田 剛嗣




nice!(0)  コメント(0) 

実験実験☆ [染めの仕事]

   柿渋の実験をしました

   001.JPG

   もともとは 内山手漉き和紙の グリーンの染和紙

     008.JPG

     写真手前 右側が 元の紙の色です。

     日焼けをして 色が飛んじゃうので、 柿渋で染めることにしました。

     写真手前左側が 青墨 + 柿渋 + 松煙

     002.JPG

      写真奥が グリーンの色墨 + 柿渋 + カーボンブラック

       003.JPG

       びみょーに 色も艶も 違います。

       ちょっと置いてみて 柿渋の色(茶色)が どれくらい発色するか

       また、重ねて染めてみたりしたいとおもってます。

       8月に 蕎麦&ギャラリー栂さんで 個展を予定してます。

       それに向けて いろいろ実験。

       和紙の可能性を 探っていきたいとおもってます。

         〒 700-0822  岡山市北区表町 1-2-36

         わがみや うめだ  電話 086-231-3371 

 

                            梅田 剛嗣

 

 

 


nice!(0)  コメント(0) 

銀箔の実験 [その他]

    本銀箔は 色が変わるから面白いです。

   004.JPG

   この写真は 4~5年 経過した 和紙に貼った銀箔の写真。

   銀箔を貼った上から 柿渋を塗ったり  ドーサ液を塗ったり

    ドーサ液に ベンガラを混ぜて塗ったり・・・

   2017年 3月  15日~ 始まる三人展にも

   銀箔の仕事の作品を出します。

    005.JPG

          006.JPG

     また、今回はカラフルな作品も

      001.JPG

          003.JPG

          四方盆の小さいものに

       007.JPG

       インドやネパールの 柄の紙をあしらいました。

       これは軽いから 壁掛けにもなるし、また

       作家さんの絵を 真ん中にあしらっても面白いかなとおもいます。

            〒 700-0822  岡山市北区表町 1-2-36

             わがみや うめだ  電話 086-231-3371 

 

                             梅田 剛嗣

 

 


nice!(3)  コメント(0) 

紙展に向けて・・・ [染めの仕事]

     今朝は 箱を染めました

     003.JPG

     クロも 使う紙 そして 下地に塗る墨色(クロなのか 青墨なのか 紫墨なのか)

     また 柿渋に混ぜる 松煙の割合によって

     無限に色の広がりが楽しめます。

     水が散ってぬれているように見えるところは ドーサ液

     ドーサ液が かかったところに 雲母(キラ)を 振ると 銀色っぽく見えます

     金色は アクリル絵の具です。

        010.JPG

        おなじみの 備前焼風の柿渋染めもしています。

        007.JPG

        色んなものを量産中☆

  90XRPV66.jpg

      11月18日 からの 紙展に向けて がんばってます。

        WJW7K61M.jpg

        同時開催冬の贈り物展も 楽しそうです。

        紙展の最新情報は フェイスブックが一番早いと思います。

        FBページ → https://www.facebook.com/tsuyoshi.umeda.98

 

              FBに コメントやメッセージ 遠慮なくお送りくださいませ。

              〒 700-0822  岡山市北区表町 1-2-36

               わがみや うめだ  電話 086-231-3371 

                         梅田 剛嗣

 

 


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -
メッセージを送る